必要なカルシウムを摂取できていますか?

あなたは1日にどれくらいのカルシウムを摂っていますか?

【イメージ】朝食【イメージ】昼食【イメージ】夕食【イメージ】カルシウムの摂取量合計 322mg/カルシウムの1日の摂取目標量 600mg(30~49歳 男女) 目標量の半分!

カルシウムは必要な量を摂取することが難しいミネラルです。上のような食事を取っても目標量の約半分しかカルシウムを摂れません。日頃からカルシウムの多い食品を食べるようにし、食事以外にもカルシウム強化飲料やサプリメントでカルシウムを補充することが大切です。

参考文献: ※1『五訂 日本食品標準成分表』  ※2『日本人の食事摂取基準 2005年版』

摂取しにくいカルシウム

食品に含まれるカルシウムの吸収率は低く、意識しなければ摂取しにくい栄養素です。また、日本人の食生活の変化により、30年前に比べてカルシウムの吸収を妨げる食品(油脂や糖類、リン酸塩など)が増えたほか、魚類や牛乳の摂取量が相対的に減ってきており、ますます摂取しにくくなっています。

【イメージ】各種栄養素の必要量に対する摂取量の割合
参考文献:
平成16年国民健康栄養調査報告、厚生労働省、(2006)
「日本人の食事摂取基準(2005年版)」の策定に伴う食品衛生法施工規則の一部改正等について、食安発第0701006号、(2005)

12歳以上から特に不足するカルシウム

お母さんたちの努力と学校給食の成果で、11歳までのお子さんは比較的カルシウムが足りています。ところが12歳を過ぎると49歳まで、カルシウムを摂る量が極端に減っています。この時期はスポーツ、遊び、そして社会に出た後は仕事にと忙しい時です。ご存知でしょうか?カルシウムは尿だけでなく、汗からも逃げていきます。毎日失うカルシウムは、毎日摂取することが大切です。

【イメージ】年齢別基準量・摂取量

意外なことですが、妊婦さんは体に必要な量の半分しかカルシウムを摂っていません。丈夫な赤ちゃんを産むためにも、吸収率の良い水溶性カルシウムを摂ることが大切です。

【イメージ】妊娠女性の摂取量(18歳~49歳)

このページのTOPへ