カルシウム含有率=吸収率ではありません

カルシウムの吸収率は、食品中のほかの成分や、食品の種類によって大きく異なります。

最も吸収率のよいとされている牛乳には、その豊富な含有量以外にもカルシウムの吸収を高めるビタミンDや乳糖などが含まれていることがよい影響を与えているようです。また、それとは逆に含有量の割に吸収率の低い野菜などは、フィチン酸やシュウ酸など吸収を妨げる成分が含まれていることが影響しているといわれています。

【イメージ】カルシウム含有食物

このページのTOPへ